西洋占星術とタロットリーディングの違いとは

『占い』には、種類がたくさんあります。
西洋占星術のほかにも東洋、手相、タロット…など様々。

 

その中でもタロットカードは西洋占星術を勉強している上で目にすることも多いのではないでしょうか。
しかし、その関わりがどのようなものかわかりませんよね。

 

よく目にするタロットカードとはどのようなものなのでしょうか?

 

この記事では、タロットの意味や西洋占星術との違いとは一体なんなのかを説明していきましょう。


タロットカードとは?

タロットカードとは?

タロットカードは卜占(ぼくせん)、西洋占星術は命占(めいせん)。
占星術から派生したものだと思われがちですが、タロットはゲーム用として使われていました。
そこから絵柄やルールが変わり、今の姿になったといわれています

 

タロットカードは78枚で1セットの占い道具です。
22枚の大アルカナ、4つのエレメント(ワンド、カップ、ソード、ペンタクル)に分けられた56枚の小アルカナで構成されているもの。

 

 

日本では小アルカナはあまりメジャーではないので目にすることは少ないですが、とても重要なカードですよ。
西洋占星術を極めるためにはタロットカードを学ぶことにより、それぞれの意味が広がるのです

 

また、タロットカードで使われている大アルカナは、西洋占星術で使われる12サインと10惑星をなぞられていると考えられています。
カードの解釈が広がっていくことから、参考にされているのでしょう。

 

そのため、タロットカードと西洋占星術はとても深い関係にあるのです。


西洋占星術とタロットの違い

西洋占星術とタロットの違い

それでは西洋占星術とタロットの違いについて解説します。

 

タロットカードは直感で選ぶものを読み取る

 

タロットカードを使って占うときは「占いたいこと」を決めてから始めます
その都度、自分の直感で選ぶため占うたびに結果が変わってくるのです。

 

二択で迷っている…というような状況などで使える気軽な占いといえますね。

 

例えば「今日着る服、スカートとワンピースで迷っている」というような状況に最適です。
他にも「今日のラッキーカラーやラッキーフード」などの占いもできる手軽さがあります。

 

全体を観て占う西洋占星術に比べて、今の状態など割と短いスパンを占うのがタロットカードの特徴といえますね。

 

タロットカードはマトを絞って細かく占うことに向いている

 

タロットカードでは細かく悩みを掘り下げてから占うべき
タロットカードは直近のことを読み取ることがメインの占いなので『恋愛運』や『金運』などの大雑把な質問は向いていません。
恋愛というカテゴリーから「誰と」や「時期」などのマトを絞って細かく占うことに向いています。

 

また「はい・いいえ」を求める質問は向いていません
未来を占うのに肯定と否定という2つという選択肢はないので、カードからのアドバイスがしっかり読み取れなくなってしまいます。

 

具体的なアドバイスを求めるときはタロットカードを使って占うことがおすすめです

 

西洋占星術は「決められている」ものを読み取る

西洋占星術は、星の動きを書き留めたホロスコープから占い結果を読み取ります
占う人の生まれたその瞬間を書き留めるものなので、占い結果が変わることはないです

 

しかし「これくらいの時期」というような大まかな時期ですが、西洋占星術でも「今」を占うこともできますよ。

 

西洋占星術は全体を見る占いに向いている

西洋占星術は大まかな質問で占います

 

細かい部分を知ることには不向きなので、質問をする際は『私のこれから』など全体を見るようなもので問題ありませんよ。
恋愛のことを知りたい場合は「これからいい人と出会うチャンスは?」というような質問に向いています。

 

西洋占星術は星の位置から時期を読み取るので、そのようなチャンスがあるのかどうか見ることができますよ


西洋占星術とタロットどちらも学ぶメリット

西洋占星術とタロットどちらも学ぶメリット

西洋占星術は状況までは読み取れても、感情などの心の動きを読むことは難しいです
タロットカードは西洋占星術とは違い、心の動きを読み取ることに長けています

 

そのためこの2つを合わせて学ぶことで、占う人の「人生」と「直近の出来事(心の動きも含め)」を占っていくことができますよ。

 

また、リーディングを行うときにしっかりとした答え(アドバイス)を引き出すことができます。
2つのものから情報を得ることができるため、より正確に結果を導き出すことができるのです。

 

↓こちらの記事もおすすめ↓


まとめ

まとめ

西洋占星術とタロットカードの大きな違いの特徴は、以下の通りです。

西洋占星術 タロットカード
命占(めいせん) 卜占(ぼくせん)
ホロスコープから星の動きを読む 引いたカードを読む
占う人の全体を見て占う 占うものを決めて占う
長期的な占いをするのに向いている 短期的な占いをするのに向いている
何度占っても占い結果は同じ 毎回占い結果が変わる

このように多くの違いがあります。
西洋占星術とタロットカードを併用していくことで今までの知識がより広がることでしょう
占いがより身近になりますよ。

 

どちら一つを極めるのもいいですが、より理解を深めたい場合は2つを学ぶほうがいいでしょう。

 


 
ページの先頭へ戻る