西洋占星術のエレメントとは何か

西洋占星術の基礎知識に『エレメント』というものがあります。
エレメントはホロスコープのサインに関係しているものです。

 

この記事では、西洋占星術のエレメントについて解説していきます。

 

 

勉強中の方や西洋占星術に興味がある方も、ぜひ自分のホロスコープと照らし合わせながら確認してみてくださいね。

【西洋占星術の基礎知識】4つのエレメント

【西洋占星術の基礎知識】4つのエレメント

エレメントの意味は『元素』。
12あるサインはそれぞれ『4つのエレメント』に分けられています。

 

この『4つのエレメント』とは「火・地・風・水」のことです。
これらエレメントに、サインが3つずつ分けられています。

 

ホロスコープを出した際、惑星がそのサイン上に散りばめられています。
その惑星が位置するサインによって、自分の性格や向いている仕事などを読み取ることができるのです
サインにはひとつずつ性質があり、エレメントと組み合わせることで、占う人の本質を読み取ることができます。

 

4つのエレメントと12サインの性質

4つのエレメントと12サインの性質は以下の通りです。

[火:Fire]

牡羊座(活動)
獅子座(不動)
射手座(柔軟)

[地:Earth]

牡牛座(不動)
乙女座(柔軟)
山羊座(活動)

[風:Air]

双子座(柔軟)
天秤座(活動)
水瓶座(不動)

[水:Water]

蟹座(活動)
蠍座(不動)
魚座(柔軟)

 

エレメントの相性

エレメント同士にもそれぞれ相性があります。

 

「火・風」はお互いを高め合うように相性がいいです。
「地・水」は安定してお互いに受け入れることができるため相性がいいと言われています。

 

この組み合わせではなく「火・水」や「地・風」では相性があまりよくありません。
そのため、好きな人との相性診断ではエレメント同士の関係がとても重要になります。

 


[火]のエレメントをもつサイン

[火]のエレメントをもつサイン

火のエレメントに属するサインは、牡羊座・獅子座・射手座の3つです

 

火のエレメントの特徴

あなたが持つ火のイメージは「情熱・向上心・勝気」など、燃え上がるものを感じることでしょう。
そのイメージは強ち間違いではなく、特徴にもそのイメージとリンクするものがあります。

 

火のエレメントのイメージは「情熱・直感・勝気・前向き・正義感・自己中・使命感・理想・英雄」など。そのイメージとサインの性質(つまり牡羊座なら活動)と組み合わせることで、より深く理解ができるようになるのです。

 

星占いで出てくる「牡羊座はリーダーシップのある性格!」は、情熱×活動の組み合わせから読み取ったものになります
このように「エレメントのイメージとサインそれぞれの性質」で惑星の輝きが決まってくるのです。

 

火のエレメントのキーワードは『直感』です。


[地]のエレメントをもつサインの特徴

[地]のエレメントをもつサインの特徴

地のエレメントに属するサインは、牡牛座・乙女座・山羊座の3つです

 

地のエレメントの特徴

地はずっしりとした重みを感じますよね。
”しっかり”しているというようなイメージを抱くと思います。
地のエレメントのイメージは「安定・現実・感覚・堅実・誠実・五感・頑固・指導者」など

 

安心感を持ってもらえるのは地のエレメントを持つサインの特徴です。

 

例えば「牡牛座は安定した生活を好む現実主義者」と星占いで出るのも、安定×不動の組み合わせから読み取れるもの。
この安定とは自分が心地いい場所のことを指しています。
そのため安定できない場所にいる場合は本来の力が発揮できません。

 

地のエレメントのキーワードは『感覚』です。


[風]のエレメントをもつサインの特徴

[風]のエレメントをもつサインの特徴

風のエレメントに属するサインは、双子座・天秤座・水瓶座の3つです

 

風のエレメントの特徴

「風」と聞くと、自由で流れるように行動しているイメージがありますよね。
風のエレメントのイメージは「知的・軽やかさ・社交的・好奇心・遊び・学び・言語・自由・学者」など。

 

知的好奇心が旺盛なイメージを持つ風のエレメント。
風のように軽やかに周りの人と打ち解けるというような特徴があります。

 

例えば「双子座はコミュニケーション能力が高い!」と星占いで出るのは、社交的×柔軟という組み合わせからです。

 

おしゃべり好きと言われることもあり、興味のあることであれば延々話していられるような特徴があります。
風のエレメントのキーワードは『思考』です。


[水]のエレメントをもつサインの特徴

[水]のエレメントをもつサインの特徴

水のエレメントに属するサインは、蟹座・蠍座・魚座の3つです

 

水のエレメントの特徴

水から連想されるイメージはうるおいなどありますよね。

 

水のエレメントのイメージは「情緒豊か・慈悲・心配性・潤す・優しさ・愛情・インスピレーション・信仰心」など

 

優しく受け入れてくれるのが水のエレメントを持つサインの特徴です。
どんな形にもなることができる「水」の順応さが情緒豊かに繋がります。

 

例えば「相手の気持ちを察する力に長けている蟹座」となるのは、優しさ×活動の組み合わせによるもの。
相手の気持ちを察し、聴き手に回れるのはこの組み合わせから生まれるのでしょう。

 

自己主張は苦手なエレメントですが、周りのために尽くすことができる特徴があります。
水のエレメントのキーワードは「感情」です。


まとめ

まとめ

「火・地・風・水」はそれぞれ特徴があり、エレメント同士の相性も存在します。
今の自分とホロスコープから読み取れる性質を照らし合わせると、当たっていることも多く驚きますよ。

 

 

周りの人のエレメントから読み取れる性質も興味深いので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

エレメントやサインについてもっと知ると、より詳しく占うことが可能です。

 

どの参考書がいいかわからない‥という方は、通信講座を検討してもいいかもしれません。
SARAなら資格試験なしで2つの資格がとれるのでおすすめです。

 


ページの先頭へ戻る