ホロスコープで恋愛運・結婚運を調べる方法

ホロスコープでは、あなた自身のことが良くも悪くも丸ごとわかってしまいます。
そのため、あなたに合っていることや向いていないこと、好きなタイプや結婚時期までわかってしまうのです。

 

ホロスコープに出たからといって必ずしもそうなるとは限りません
しかし、知っていることで人生をより豊かにできます。

 

つまりホロスコープとは人生を豊かにするアドバイスやヒントのようなもの
自分を磨いていくことが大事ですね。

 

さて、人生をより豊かにしていく上で、気になってくるのは仕事運や恋愛運でしょう。
とくに女性は恋愛運や結婚運が気になる方、多いと思います。

 

ホロスコープでは好きな人との相性診断も行えますよ。

 

 

そこでこの記事では、恋愛運や結婚運をホロスコープで調べていく方法を解説していきます。

<おすすめ資格>

自分のホロスコープを出してみよう

自分のホロスコープを出してみよう

恋愛運や結婚運を調べていく前に、まずは自分のホロスコープを出してみましょう。

 

 

http://www.horoscope-tarot.net/

 

こちらのサイトで簡単にホロスコープを作成できます。


ホロスコープの作成には、生年月日・出生時刻・出生場所を入力する必要があるため、事前に確認しておきましょう。
出生時刻や出生場所がわからないとホロスコープで重要な「ハウス」を出せません。

 

結婚運や恋愛運ではハウスが必要なため注意が必要です。

 

惑星の位置を確認していこう

ホロスコープを読み解いていくときは、惑星・サイン・ハウスの3つの要素を確認していきましょう。
惑星・サイン・ハウスの詳しい説明はこちらの記事をご覧くださいね。

金星と木星

特に重要な2つの惑星とは『金星・木星』です。
金星は愛を司るといわれているため、恋愛運を見る場合は外せません。

 

恋人などパートナーがいる方に関しては、金星だけでなく木星の位置も確認するといいでしょう。
木星は相手自身ではなく相手の周りなど社会性を表す惑星。

 

2人のこれからを考えていくと重要なポイントになります。
結婚したいと思っているのであればなおさらです。

 

また、男性の場合は金星、女性の場合は火星を読み取っていきましょう
理想の相手や運命の相手を示してくれます。

 

 


恋愛運を見るなら第5ハウスに注目

恋愛運を見るなら第5ハウスに注目

惑星・サイン・ハウスはにはひとつずつそれぞれに意味があります。

 

恋愛や結婚などに関することをホロスコープから読み解きたい場合は、とくに2つの惑星を中心に見ていきましょう。

 

恋愛運は第5ハウスを見て

自分の恋愛運を知りたいとき、第5ハウスの位置にどのサインが当てはまるのかを確かめましょう。
第5ハウスは恋愛傾向や趣味、夢中になることなどを表しています

 

そのため恋愛運をあげたいのであれば、第5ハウスからヒントをもらうといいでしょう。

 

しかし第5ハウスからだけのヒントだと、結婚まで到らなかったり一瞬で終わってしまったりなど、楽しさだけに気をとられないよう注意が必要です。

 

結婚運を見るなら第7ハウスに注目

第7ハウスは結婚やパートナーについて表しています
他にも対人などを意味しているので、どのように相手と接すればいいのかを読み取れる場所です。

 

第5ハウスより他人と深く関わることを表しているので、より明確に結婚について確認できますよ。

 

ネイタルとトランジットを確認すれば結婚時期もわかる

ホロスコープは出生図といわれる生まれたときの天体を表す『ネイタル』。
今やこれからの天体を表す『トランジット』。

 

この2つを見れば結婚する時期もわかります。

 

 

http://www.horoscope-tarot.net/double/

 

こちらでダブルチャートを作成できます。


 

このダブルチャートのホロスコープに表記された角度(アスペクト)とハウスを読み取っていくことで、恋愛をする時期や結婚時期までわかるのです。

 

外円の木星が第5ハウスや第7ハウスにいると、恋愛運や結婚運が高まっている時期といえます。
幸せに包まれた恋愛ができる時期なので、行動していくと木星からの恩恵を受け取りやすくなりますよ。

 

しかし絶対ではないので、そこから努力していくことが重要です。

好きな人との相性を見るときには【シナストリー】

好きな人との相性を知りたいというときには【シナストリー】という方法を使います。
シナストリートは、2つのホロスコープを重ねて表示するものです。

 

あなたと好きな相手の2つを同時に出し、アスペクト(角度)によって相性診断できます。


結婚運を見るなら第7ハウスに注目

結婚運を見るなら第7ハウスに注目

第7ハウスは結婚やパートナーについて表しています
他にも対人などを意味しているので、どのように相手と接すればいいのかを読み取れる場所です。

 

第5ハウスより他人と深く関わることを表しているので、より明確に結婚について確認できますよ。

ネイタルとトランジットを確認すれば結婚時期もわかる

ホロスコープは出生図といわれる生まれたときの天体を表す『ネイタル』。
今やこれからの天体を表す『トランジット』。

 

この2つを見れば結婚する時期もわかります。

 

 

http://www.horoscope-tarot.net/double/

 

こちらでダブルチャートを作成できます。


このダブルチャートのホロスコープに表記された角度(アスペクト)とハウスを読み取っていくことで、恋愛をする時期や結婚時期までわかるのです。

 

外円の木星が第5ハウスや第7ハウスにいると、恋愛運や結婚運が高まっている時期といえます。

 

幸せに包まれた恋愛ができる時期なので、行動していくと木星からの恩恵を受け取りやすくなりますよ。
しかし絶対ではないので、そこから努力していくことが重要です。

好きな人との相性を見るときには【シナストリー】

好きな人との相性を知りたいというときには【シナストリー】という方法を使います。
シナストリートは、2つのホロスコープを重ねて表示するものです。

 

あなたと好きな相手の2つを同時に出し、アスペクト(角度)によって相性診断できます。


まとめ

まとめ

この記事では恋愛運・結婚運の調べ方[4] をご紹介いたしました。
手順をまとめると…

  • まずは自分のホロスコープを出す
  • 注目するのは「金星と木星」
  • 第5ハウスからは恋愛傾向の確認ができる
  • 第7ハウスからは結婚のことがわかる
  • ネイタルとトランジットで時期までわかる

このように、ホロスコープから恋愛運・結婚運を調べることができるとわかりました。
幸せな恋愛ができるように心がけていきましょうね。

 

ここでご紹介したのはほんの一部の知識にすぎません。
本格的に学ぶなら、本を買って独学で進めるのもありですが、通信講座の方が効率よく進められます。
SARAなら資格試験なしで2つの資格が目指せるのでおすすめです。

 


ページの先頭へ戻る