ホロスコープを解読するコツとは

ホロスコープを解読するには、惑星・サイン・ハウスの3点を読み取る必要があります。
1728通りもある基本要素から自分のホロスコープを解読しようとすると、どうしても頭が混乱してしまいますよね。

 

他にもアスペクトという要素があるため、ホロスコープを解読するのは難しいもの。
占いを生業にしていきたいと考えている人は特にホロスコープを解読するコツを知りたいと感じますよね。

 

 

この記事では「ホロスコープを解読したいけど難しそう…」と感じている方にホロスコープを解読するための簡単なコツをご紹介いたします。

<おすすめ資格>

ホロスコープ解読で押さえておきたいコツ

ホロスコープ解読で押さえておきたいコツ

まず、ホロスコープを解読するには3つの要素をしっかり確認しておかなくてはいけません。

  • 惑星
  • サイン
  • ハウス

本などと照らし合わせながら、解読していきましょう。

 

コツ1『全体を把握する』

ホロスコープを解読するときは、できるだけ全体を把握するようにしましょう。

 

初めから細かくサインの性質やハウスについて見るのではなく「どのようなバランスなのか」をしっかり見極めるようにしていくのがコツ
区分比率やアスペクトの確認を忘れないようにしましょうね。

 

その中で特徴を見つけると、ホロスコープから大雑把な人物像を知ることができます。

 

コツ2『占う部分を意識して細かく解読していく』

大雑把に全体を把握できたら、そこから細かく解読していきます。

 

初めから占いたい部分を見るのではなく、全体を知っておくことが大きなポイントです。
全体を確認していれば視野が狭くならず、アドバイスの提示にも気がつきやすくなります

 

最終的には自分なりの方法や解釈で読み取っていけるものですが、ホロスコープを広く見ることは解読する上で大切なポイントですよ。


ホロスコープの解読で知っておくべき要素

ホロスコープの解読で知っておくべき要素

ホロスコープの最大要素として『惑星・サイン・ハウス』の3つがあります。

 

その3つを読み取ればそれなりに解読可能ですが、もっと深く知りたいのであれば他の要素も知っておくと便利です。

 

ホロスコープを作成したときに10の惑星はどれかのサインに分けられます。
「私の惑星はどこにも属さない…」なんてことはありえません。

 

どんなホロスコープであったとしても、10の惑星はそれぞれ12サインに属すのです。

 

そして12のサインは、二区分、三区分、四区分のように区別されています。

 

少し混乱してしまうと思いますが、サインには性質があるため似ているものを集めていると考えるとよいでしょう。
つまりグループ分けのようなものです。

 

二区分

二区分ではあなたの行動タイプの傾向を表しています。
二区分である男性宮と女性宮は、それぞれ男性らしいや女性らしいという意味ではありません。

 

あくまでも傾向なので「女なのに男性はおかしい」ということはないですよ。

 

男性宮のサインは、自分から働きかける性質があります。
リーダーシップ性の高い牡羊座やコミュニケーション能力に長けている双子座が『外交的』と区分されるのはわかる気がしますよね。

 

そのような性質ごとで2つに分けたものを【二区分】といいます。

区分名 男性宮(男性星座) 女性宮(女性星座)
性質 外交的・論理的・左脳的 内向的・直感的・右脳的
サイン

牡羊座
双子座
獅子座
天秤座
射手座
水瓶座

牡牛座
蟹座
乙女座
蠍座
山羊座
魚座

三区分

三区分はあなたの力の出し方や得意なことの傾向を表しています。
この傾向に沿って人生を歩むように心がけると、自分らしさを最大に引き出すことができますよ。

 

そのため、自分のやるべきことや望む形を見つけやすくなります。

区分名 活動宮 固定宮 柔軟宮
タイプ 積極的・能動的 慎重的・受動的 柔軟的・順応的
サイン

牡羊座
蟹座
天秤座
山羊座

牡牛座
獅子座
蠍座
水瓶座

双子座
乙女座
射手座
魚座

四区分

四区分は『火・地・風・水』のエレメントごとに分けた区分のことです。
このエレメントからはあなたの向いていることや性質を読み取ることができます。

[火:Fire]

牡羊座(活動)
獅子座(不動)
射手座(柔軟)

[地:Earth]

牡牛座(不動)
乙女座(柔軟)
山羊座(活動)

[風:Air]

双子座(柔軟)
天秤座(活動)
水瓶座(不動)

[水:Water]

蟹座(活動)
蠍座(不動)
魚座(柔軟)

エレメントに関する内容はこちらの記事で解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 


上達させるためにはひたすら読み込むしかない!

上達させるためにはひたすら読み込むしかない!

ホロスコープは1回学んだだけですぐに解読できるものではありません。
何度も読み返すことや場数を踏むことで、少しずつ身についてきます。

 

そのためスラスラとホロスコープを読み解きたいのであれば、ひたすら掘り下げていくしか道はありません。
コツコツとした地道な作業をやり続けることで、自分なりの解釈が生まれることも

 

そのような状態に至るまで時間はかかりますが、この方法が1番の近道だと言えますよ。

 

挫折してしまいそうならスクールに通う

独学でもホロスコープをしっかり解読できます。
しかし、勉強の途中で挫折してしまうことも少なくありません。

 

挫折してしまいそう…と思ったら、スクールに通うのもひとつの手ですよ。
最近ではオンラインでの授業もあるので、わざわざ学校まで足を運ばなくても学べますよ。


まとめ

まとめ

この記事では『ホロスコープを解読するコツ』について解説しました。

  • 全体を把握する
  • 占いたい部分を細かく解読していく

これらのコツを活かすためには、全体を広く見ることが大切です。
また、ホロスコープの解読を極めたいのであれば、ひたすら読み込んでいくしかありません。

 

 

努力が必要なものではありますが、読めるようになれば自分の人生を開けるかもしれませんね。

コツコツ頑張っていきましょう。


SARAなら資格試験なしで2つの資格がとれるのでおすすめです。

 


 
ページの先頭へ戻る