.ホロスコープの読み取り方の基本を解説

あなたは自分のホロスコープを読み取ることができますか?

 

西洋占星術で占いをするために必要な【ホロスコープ】は、たくさん勉強しないと読み取れないのでは?と考えている人も多いはず。

 

しかし、読み取り方の基本さえ知っていれば誰でもホロスコープは読めるのです

 

 

この記事では、ホロスコープの読み取り方の基本を解説していきます。

初心者の方でも読み取れますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。


 

<おすすめ資格>

ホロスコープについて

ホロスコープについて

まずはホロスコープについて簡単に説明していきましょう。
ホロスコープは天体が配置された図のことです。

 

自分が生まれた瞬間の、宇宙にある惑星の位置を図形にしたもの」と覚えるといいでしょう。
そのため、このホロスコープを出すためには3つの情報が必要になります。

  • 生年月日
  • 出生時刻
  • 出生場所

この3つがないと詳しく出すことができないので、ホロスコープを出す前に調べておきましょう。


ホロスコープの読み取り方の基本【惑星(天体)編】

ホロスコープの読み取り方の基本【惑星(天体)編】

ホロスコープを読み取る上でまず知っておきたいのが、この惑星(天体)です。
惑星は全部で10個あり、太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星のことを指しています。

太陽 水星 金星 火星
自分自身 内なる自分 情報収集 愛、美 モチベーション
木星 土星 天王星 海王星 冥王星
才能、社会 人生の課題 変化 スピリチュアル 破壊と再生

※天体記号は下記にて参照できます。
これらは「自分の中に眠る10の個性」と考えるといいでしょう。
惑星の個性を理解していると、自分の人生がどのように輝くのかをサインから読み取ることができます。

 

自分のホロスコープと照らし合わせながら、配置された惑星の位置を確認してみてください。

 

 

惑星はそれぞれ個性を持っているため、どのサインに配置されたかによって意味が変わるのでチェックしましょう。


ホロスコープの読み取り方の基本【サイン編】

ホロスコープの読み取り方の基本【サイン編】

サインとはほとんどの人が知っている12星座のこと。
星占いで出てくる星座と同じものですよ。

 

しかし、このホロスコープでの星座はサインと呼ばれていて、12個全てに意味があります。
役割を持つ惑星に対して、サインは「10の個性の力」です。

 

「自分の人生がどのように輝くのか」というのは、サインからのアドバイスを受けて成立します。

 

サインを読み取るときのポイント

サインを読み取るときのコツとしては、全体を見ることが必要です。

 

太陽星座は自分らしさを表す役割があります。
例えば牡羊座が太陽星座の場合でも、あなたの自分らしさは牡羊座だけの要素から成り立っているわけではありません。

 

他のサインから影響を受けている場合もありますし、全体を読み取ってやっと自分らしさを確認することができます。

 

そのため、ホロスコープを読み取るときはできるだけ10の惑星を客観視するようにしましょう。

 

下記のページにサインについて詳しく解説しています。


ホロスコープの読み取り方の基本【ハウス編】

ホロスコープの読み取り方の基本【ハウス編】

ホロスコープに必要な情報に出生時刻と出生場所というものがありましたね。
その2つの情報は、主にハウスを出すために必要です。

 

ハウスはより深くホロスコープを読み取るために重要な12の部屋のことです。
ホロスコープ外枠部分がサイン、内側にある部屋がハウスになっています。

 

中心の部分には数字が書かれていて、これはハウスの振り分け番号です。
サインはしっかり12等分されていますが、ハウスは人により大きさが異なることが特徴

 

ハウスは「10の個性の力が発揮される場所」を表しています。

 

「惑星=個性」、「サイン=個性の持つ力」、「ハウス=個性の力が発揮される場所」というように考えるとわかりやすいですよ。

 

ハウスに関する詳細は下記の記事にもありますのでご確認ください。


ホロスコープの読み取り方

ホロスコープの読み取り方

ホロスコープの読み取り方は、上記の要素を理解できたのであれば簡単です。

 

例として1980年4月14日午前9時に生まれた人のホロスコープから要素を取り出してみましょう。
http://www.horoscope-tarot.net/こちらで作成しています。

惑星の記号

ホロスコープの読み取り方
まずはホロスコープ内で表記される記号を知っておきましょう。

 

惑星は上記の画像のような記号で表されています。
ホロスコープと照らし合わせて、それぞれの惑星がどのサインに属しているか確認してみてくださいね。

 

ホロスコープ

ホロスコープの読み取り方の基本を解説
このホロスコープの場合、太陽星座は牡羊座の位置にあり、第11ハウスに属していますね。
牡羊座の性質は活動的、勇敢。第11ハウスは人脈やコミュニティを意味します。
結果の表をご確認ください。

太陽 牡羊座 第11ハウス
牡羊座 第10ハウス
水星 魚座 第10ハウス
金星 双子座 第12ハウス
火星 獅子座 第3ハウス
木星 乙女座 第3ハウス
土星 乙女座 第4ハウス
天王星 蠍座 第6ハウス
海王星 射手座 第6ハウス
冥王星 天秤座 第5ハウス

 

この人から読み取れる基本的な性格は「好奇心やチャレンジ精神旺盛なリーダー気質」ということがわかります。

また、太陽星座だけでなく月星座も牡羊座であることから、内面からもストレートさを感じられる人なのでしょう。

 

第11ハウスは交友関係などを表すので、友達や知り合いが多いと読み取れます。

 


まとめ

まとめ

この記事で伝えたかったことをまとめると・・・

  • ホロスコープを出すには「生年月日・出生時刻・出生場所」が必要。
  • ホロスコープを読み取るのには「惑星・サイン・ハウス」が重要。
  • 読み取るときは全体を客観視することが大事。

ホロスコープは人生の視野を広げてくれるものなので、絶対にそうだと決めつけるのではなくアドバイスとして受け取るようにしましょうね。

 

もっと学びたいという方には通信講座がおすすめ。知りたいことが全部詰まっているため、参考書を探す手間が省けるうえ、プロにも相談ができて理解を深めやすいですよ。

 

SARAなら1つの講座で2つの資格「ホロスコープ鑑定士・西洋占星術士」が目指せます。


 
ページの先頭へ戻る