ホロスコープで自己分析する方法教えます

ホロスコープとは、自分自身のことを星の動きから読み取ること。
西洋占星術で扱われるもので、同じホロスコープは、ひとつも存在しません。

 

さて、あなたは自己分析をしたことがありますか?
人生を豊かにしていきたいと思うなら、自己分析はとても大切なもの。

 

自己分析をすることで、自分自身の長所や短所、向いていることなどがわかるためです。

 

自己分析には方法がいくつかありますが、今回は『ホロスコープから自己分析する』やり方を解説していきましょう。

 

実はホロスコープは自己分析に的しているのです!
ホロスコープは、あなたが気づいていないことまでわかってしまいます。

 

ぜひ、自分のホロスコープを用意して自己分析をしていきましょう。

 

<おすすめ資格>

 

基本的なホロスコープの読み方

まずは、基本的なホロスコープの読み方をチェックしていきましょう。

 

ここでは簡単な説明となりますので、気になる方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね[1] [2] 。
こちらからホロスコープを無料で作成できます。

 

http://www.horoscope-tarot.net/

 

ホロスコープを出すときの注意点

  • 出生時刻や出生時間はできるだけ正確に
  • 出生時刻がわからない場合は(12:00)に設定

※出生時刻がわからなくても出せますが、ハウス・ASC・MC・ICを読み取ることができません。

 

ホロスコープから4つの要素を書き出そう

 

自分自身のホロスコープを出せたら、4つの要素を書き出しましょう。

 

天体(惑星)

天体は、あなたの個性といえるもの。
それぞれの個性には役割があり、それを活かすような場面や場所をほかの部分(サインなど)から読み取ります。

 

表している意味(キーワード)

太陽 水星 金星 火星
自分自身 内なる自分 情報収集 愛、美 モチベーション
木星 土星 天王星 海王星 冥王星
才能、社会 人生の課題 変化 スピリチュアル 破壊と再生

 

これが、個性の役割になります。
これらの役割をより輝かせる方法や場所を、サイン・ハウスと呼びます。

サイン

サインは12の星座から読み取っていきます。

  • 牡羊座
  • 牡牛座
  • 双子座
  • 蟹座
  • 獅子座
  • 乙女座
  • てんびん座
  • さそり座
  • 射手座
  • 山羊座
  • 水瓶座
  • 魚座

 

サインは、惑星がより活発にイキイキできる方向性や方法を教えてくれます。
また、惑星の持っている力と考えると、ヒントとして活かしやすくなります。

ハウス

ハウスはあなたの個性が活躍できる場所を指しています。
部屋といわれることも。

 

12で分けられており、転機などの時期も、このハウスから読み取ることができます。

アスペクト

アスペクトとは、角度を意味する言葉です。
その名の通り、惑星と惑星の間にできる角度を読み取ります。

自己分析をしてみよう

ホロスコープは要素が多いので、自己分析をするときは、少しずつ行いましょう。
紙とペンを準備しておくと、メモを取りやすいのでおすすめです。

 

ここでは、誰でもチェックができるように、サインのみのチェックを解説します。

 

各惑星がどのサインに入っているかチェック

まずは各惑星が度のサインに入っているかチェックしましょう。
チェック項目は以下の通りです。

  • 太陽のサイン
  • 月のサイン
  • 水星のサイン
  • 金星のサイン
  • 火星のサイン
  • 木星のサイン
  • 土星のサイン
  • 天王星のサイン
  • 海王星のサイン
  • 冥王星のサイン

それぞれがチェックできたら、キーワードから照らし合わせてみましょう。

 

サインから読み取れること

サインのことを、自分(惑星)という個性が持つ力だと解説しました。

牡羊座 リーダー、行動力、勢いがある
牡牛座 安定、温和、持続力がある
ふたご座 知識、自由、柔軟性がある
蟹座 母性、愛情、実用性を求める
獅子座 プライド、華やかさ
乙女座 向上心、貢献する
てんびん座 つり合い、平等さ
さそり座 粘り強い、集中力がある、情に厚い
射手座 理想家、情熱がある
山羊座 真面目、信頼感がある
水瓶座 独創的、アイディアマン
魚座 スピリチュアル、人とのつながり

それぞれのサインからは、このようなことを読み取ることができます。
各惑星を照らし合わせていくと、自分に当てはまる!と感じるのではないでしょうか。

 

例をあげると、太陽が牡羊座にいる場合は『行動力がある人』になります。

 

月が牡牛座にいる場合は『安心できる場所を探している』と読み取れます。

 

自己分析を本格的にやりたいなら、本を買って独学で進めるのもありですが、通信講座の方が効率よく進められます。
SARAなら資格試験なしで2つの資格が目指せるのでおすすめです。

 

 

まとめ

この記事で伝えたかったことをまとめると…

  • ホロスコープで自己分析するときは惑星とサインに注目!
  • 出生時刻がわかる方はハウスの意味もチェックしてみよう

この記事では、ホロスコープで自己分析する方法を簡単に解説しました。
惑星とサインの意味を照らし合わせると、自分について少し理解できたのではないでしょうか。
自分にとって、いい未来を築けるように、努力していきましょう。

 

ここでご紹介したのはほんの一部の知識にすぎません。
より明確な自己分析を行うためには、しっかりと学ぶ必要があります。
SARAなら資格試験なしで2つの資格が目指せるのでおすすめです。

 

ページの先頭へ戻る